シルバーアクセサリーのリング

銀の装飾品、シルバーアクセサリーにも実に色々な種類が有ります。その中にはリングにしてシルバーアクセサリーを楽しんでいる人も少なくないでしょう。ここではシルバーアクセサリーのリングサイズと指について紹介していきます。
先に紹介したように、シルバーアクセサリーにはリングも有ります。そして更に最近では、リングを親指に着けたり、リングを2本や3本と重ね着けしたり、或いはペンダントトップとしたりして、シルバーアクセサリーのリングで様々な着け方をする人達が増えてきました。こうした流行は、リングの購入方法にも変化を与えています。現在では正確にリングサイズを測ったうえで購入するのではなく、先に気に入って購入したリングに合う指に着ける人も増えてきました。ですがリングの買い求め方も考えなければなりません。というにも、あまりサイズの合わないリングをしていると、結局そのリングを紛失したり、或いはリングが外れなくなったりして、困った事になったりもします。従って出来るだけ自分にあったサイズの指輪をすることをお勧めします。

またリングを着ける指の意味をも知っておくとよいでしょう。そうするとシルバーアクセサリーのリングの力によって、ともすれば自分の性格や人生が変わるかもしれません。
ここではシルバーアクセサリーのリングサイズの測り方について紹介します。皆さんもリングのサイズの測り方を知っておいて、是非とも自分の指のサイズに合うリングを使うようにしましょう。
指輪のサイズは、リングの円周(内周)で決まります。もっとも正確にリングサイズを計測したいという方は、宝石専門店等でリングサイズゲージを使って計測してもらうとよいでしょう。

クロムハーツなどの買取のことなら買取K.C.へ。その他のシルバーアクセも買取しています。

またもしリングサイズゲージが無い場合は、次のような方法でリングサイズを測ってみて下さい。
個人差も有りますが、リングサイズを測る時間帯や体調によって指のむくみが出てくる場合も有ります。その場合は0.5号程変動すると言われています。従って測る指の状況をよく考慮してリングサイズを決めるようにしてください。また、幅広のデザインは少しきつく感じる事も有ります。従ってやや大きめ(1~2号)の号数を選ぶとよいでしょう。

ここでリングサイズを測るのに用意するものを紹介します。
・木綿糸やひも/伸縮性のないものを使います。
・マジック/リングサイズを測るのに用いる糸に印をつける為に使います。
・定規/ミリ単位で測れるものを使います。
リングサイズを測るために必要な道具を用意したところで、いよいよリングサイズを測る作業に入ります。リングサイズを測る順序は以下の通りになります。
①まずはリングサイズを測る箇所を決めます。リングを着けたいと思う指の、いちばん太い部分(具体的には第二関節あたり)が計測箇所となります。
②用意した糸を、指の計測箇所に巻きつけます。この時決してきつすぎず、またゆるすぎず、調度いい感じで巻いて下さい。
③糸が重なる部分に、マジックを使って2本とも印を付けます。
④マジックで印をつけた後、糸をまっすぐに伸ばすと2箇所にマジックで付けた印が出てきます。
⑤そのマジックの印と印の間を測って、リングサイズ換算表からリングサイズを調べます。

以上が皆さんでも簡単にできるリングサイズの計測方法です。もっとも正確なリングサイズを測りたいという方には、専門の器具であるサイズゲージを使うことをお勧めします。サイズゲージは宝石店等で使われていますが、東急ハンズや宝石専門店等でも販売しています。
ちなみにこのサイズゲージの気になる価格に関して言えば、サイズゲージ大(1号から30号用)で2,000円前後、サイズゲージ小(6号から20号用)で1,500円前後で販売されています。
また皆さんが現在お手持ちのリングの、リングサイズを測ることもできます。これも先にサイズゲージと同様、東急ハンズや宝石専門店等で売られています。それは概ねプラスチック製のリングサイズ棒となっています。価格としては1,000円から2,000円前後で販売しています。指輪やアクセサリーが好きな人は、こうした器具を自分で購入して、実際に使って楽しんでみてもいいのではないでしょうか。

『シルバーアクセサリ』 最新ツイート


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/lbmpqff7/public_html/silveraccessorynoring.html on line 56

Favorite

横浜の風俗に通う
http://www.ero-dx.jp/

最終更新日:2016/6/9