金属アレルギーとは一体何でしょうか3

それでは金属アレルギーの原因となる金属とは一体どんな金属なのでしょうか。同じ金属の装飾品であっても、果たして金属アレルギーになりやすいものとなりにくいものとが有るのでしょうか。私達にも御馴染みの銀製品やシルバーアクセサリーでしたら、金属アレルギーはどうなのでしょうか。ここからは金属アレルギーとそれぞれの金属との関係について見ていくことにします。
私達の家庭には、実に様々な金属製品が有ります。こうした所謂家庭用品に使われる金属製品の多くは、色合いを良くし、そして耐腐食性を持たせるために、鍍金(メッキ)という形で多種金属の表面加工がされています。この鍍金に関しては、皆さんもよく御存知かと思います。
そして私達にも御馴染みのアクセサリーに使われている金属の多くは、実は合金を用いていて、或いはその上に鍍金を行っています。従ってどんな金属でもアレルギーを起こす可能性を持っていると言えます。
それでは具体的にどの金属がよく金属アレルギーを引き起こすのでしょうか。所謂金属アレルギー、アレルギー性接触皮膚炎の原因の第一位の金属は、ニッケルです。というのも私達のかく汗の中に含まれている塩素イオンはニッケルを溶かす作用が強いのです。従ってもしも過去にニッケルアレルギーにかかった人は、たとえ少量の汗をかいた状態でも、そこでニッケル製品を身につけただけで皮膚炎を起こしたりします。
金属アレルギーを起こしやすい金属についてまとめると、最も金属アレルギーを起こしやすいニッケルに続いて→コバルト/クロム→亜鉛/マンガン/銅→銀/プラチナ/パラジウム/金→チタンとなります。これを見てみると銀製品やシルバーアクセサリーはそこそこ金属アレルギーを起こす可能性が有る、とでも言えましょうか。
最も金属アレルギーを起こしにくい部類に入るチタンは、医療移植にも使われる程の肌に優しい素材です。従って金やプラチナを敬遠していた敏感肌の方でも着けられる程の、言わばアレルギーフリーの素材です。金属アレルギーに悩まされたことの有るという人でしたら、アクセサリーの素材としてこのチタンがお勧めです。
ところでこの金属アレルギーを予防するために役立つアレルギー検査が有ることを皆さんは御存知でしょうか。ここではこのアレルギー検査について紹介することにします。
このアレルギー検査ですが、例えば金属アレルギー等の接触性アレルギーでしたら、パッチテストで検査します。検査の方法としては、検査薬を付けたシールを背中や腕に貼ってその反応をみます。検査薬は金、銀、ニッケル、クロム、コバルト等です。
そして気になるアレルギー検査の費用ですが、有り難いことに保険適用が可能です。従って保険費3割負担の人でしたら700円程度で調べられます。従って金属アレルギーが気になると言う人は、一度テストを受けてみたらいいでしょう。

『メッキ』 最新ツイート

@minamigutitenn

当店では、プラチナ製品・24金・18金はもちろんですが14金や10金やシルバー製品そしてメッキ製品も買取しています!!まずはお気軽にお店にお越し下さいませ!!

6分前 - 2017年06月27日


@Taiyo209

コンデレの賞品に関しては時代なのかな…と。と言っても4年前とかは最優秀は限定カラー詰め合わせのマシン1台分セット、優秀賞はメッキorクリアボディもしくは非売品カラーシャーシ、その他の賞でもシャーシやホイール位はもらえてたなぁ。特に… https://t.co/tgkdXTJ4BY

7分前 - 2017年06月27日


@tadanovkokinoue

REMO ロートタム 80'S クロームメッキtype #プロ・アマ問わず自分のドラムセットの写真を晒す https://t.co/o8mzc8Z9Iv

7分前 - 2017年06月27日


check

五反田 マッサージ
http://www.pink-surprise.com/

Last update:2016/6/9