金属アレルギーとは一体何でしょうか2

ここではある意味シルバーアクセサリー等、装飾品を語る上で避けて通れない金属アレルギーについて紹介しています。
この金属アレルギーですが、一番起こりやすいのはピアスを初めて着けるときです。同じ金属の装飾品ということで言えば指輪も有るのですが、指輪の場合指の厚い表皮にはばまれて金属が体内に入りにくいといった特徴が有ります。それに対してピアスの場合、皮膚を貫いて皮下組織に直接金属が接触する為に、拒絶反応を起こしやすくなってしまうのです。
それではもしこの金属アレルギーになってしまった場合、治療はどうやって行なえばいいのでしょうか。よく金属アレルギーは治療できない、とも言われます。果たして本当にそうなのでしょうか。次は金属アレルギーの治療について紹介します。
銀製品やシルバーアクセサリー等、金属の装飾品を身につけると、身体に異物が認識されて、そして次回の侵入を防ぐ為に記憶されます。このことを感作と言うます。もし一度感作されると、金属アレルギーは一生と言ってもいいくらいに実に長い間持続します。従って金蔵アレルギーは治療できない、とも言われるのです。
人間の身体には、本来あってはならない物質に侵入を拒否し、そして免疫反応を引き起こす働きが有ります。そこで感作されると、たとえ極めて少量であっても、原因物質(アレルギーを起こす金属)と接触するたびに炎症を起こすことになります。
それではこの金属アレルギーを引き起こす原因は一体何なのでしょうか。そもそも金属アレルギーは、誰にでもかかるというわけでもありません。例えば同じ銀製品やシルバーアクセサリーを身につけていても、金属アレルギーになる人とならない人とがいます。また一人の人が異なる銀製品やシルバーアクセサリーを身につけても、やはり金属アレルギーになったりならなかったりします。というのも金属アレルギーになるかどうかは、金属の種類、或いはその金属を着けている人の条件等で変わってきます。またニッケルやコバルト等の、所謂低品度とされる金属ほど金属アレルギーを起こしやすいとも言われています。
また金属の装飾品を身に着けている人のその金属に触れる頻度、及びその条件によっても状況は変わってきます。例えば金属との最初の接触によって感作が起こる場合も有ります。ですが、何回もその金属との接触を繰り返しているうちに、例えば数十年という長い時間にわたって感作されることも有ります。また特に汗をかくことの多い夏に金属の装飾品を身に着ければ、汗によってわずかに金属が溶け出し、その結果金属アレルギーが発症しやすくなります。
その他にも金属の装飾品を身に着ける人の体質にも金属アレルギーは影響されます。例えば汗をかきやすい人なのかかきにくい人なのか、或いは皮膚の厚い人なのか薄い人なのか、といった具合です。そうした様々な要因が組み合わされて、金属アレルギーが引き起こされるのです。

『金属アレルギー 銀』 最新ツイート


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/lbmpqff7/public_html/kinzokuallergietohaittainanndeshouka2.html on line 43

pickup

名古屋のキャバクラに通う
http://www.club-runway.jp/

2016/6/9 更新