金属アレルギーの予防方法

ところで銀製品やシルバーアクセサリー等の金属の装飾品を使っていると、人によっては金属アレルギーが出てしまうことも有ります。折角のアクセサリーでも、身体にアレルギーがあったのでは使えません。銀製品やシルバーアクセサリーを楽しむことはできません。
ところでこうした金属アレルギーを防止する為の方法には、一体どのような方法が有るのでしょうか。ここでは金属アレルギーの防止方法を紹介します。皆さんがもし金属アレルギーをお持ちだったり、或いは経験が有りましたら、是非とも以下で紹介する内容に関して参考にしていただきたい、と思います。
金属アレルギーにならないための方法として、まず最初にはこのような方法が有ります。
①アレルギーの人は金属を身につけない。
当たり前のようですが、金属アレルギーを持っている人は、銀の装飾製品やシルバーアクセサリー等、金属を使った装飾品、アクセサリーを使わないことです。また病院に行って一体どの金属が自分にとってかぶれるかを見る目的でパッチテストを行うことができます。このパッチテストとは、金や銀、或いはプラチナ等の金属溶液をつけた絆創膏を皮膚に貼ってその状態をみることです。その結果を受けて、かぶれるとわかった金属を使わないことで金属アレルギーを防ぐことができます。
②ピアスは清潔にしておく。
ピアスは特に金属アレルギーを引き起こしやすいアクセサリーです。特に最初に使うピアスは言わば生傷の状態であるため、清潔さを保つことが重要となります。しかし清潔にすることを消毒することと間違えて、その結果消毒し過ぎ(特にアルコールなどの強い消毒液)でかぶれてしまい、その結果金属アクセサリーを更にに悪化させてしまうケースも多いようです。従ってピアスや消毒液の扱いには十分な注意が必要となります。
③装飾品、アクセサリーの素材の選択に十分に気をつける。
数ある金属のうち、金や銀、それにプラチナは比較的金属アレルギーになりにくい金属です。従ってニッケル等の合金を使わない高品質な製品を使用することで、金属アレルギーを起こしにくくすることができます。またピアス・ポストの長さが短いものをつけていると耳たぶを圧迫し、その結果金属アレルギーを引き起こしやすくなると言われています。
ちなみに厚生労働省の調査によると、アクセサリー等によって生じる皮膚トラブルのうちで一番多いのは、アレルギー性接触性皮膚炎です。そしてそれが生じる原因の約80%は金属だと言われています。ですがここで取り上げている銀には毒性が無く、従って銀は実にあらゆる面で非常に安全だと言われています。皆さんも御存知でしょうが、銀は食器や歯科用の義歯等にもよく使われています。そんな私達にとっても身近なところに多く銀が使われているのは、そういった安全性の理由が有るからなのです。
銀にも色々な純度の銀が有ります。ですが純度の高い銀が金属アレルギーの原因になること非常に少ないと言えます。もっとも銀だからと言っても全ての銀製品、シルバーアクセサリーが安全だ、というわけではありません。中には粗悪なシルバーアクセサリー等も有ります。そんなシルバーアクセサリーを見分けるのは実に難しいので注意が必要です。

『金属アレルギー 予防』 最新ツイート

@omozatu

金属アレルギーの方でも安心して使える純度が高い【チタンピアス】金属アレルギーの予防やファーストピアス後のセカンドピアスとして。独自の金属アレルギーテスト済み。 #チタンピアス https://t.co/8XmUBi74Hq https://t.co/ygkTrZI2K6

10時間前 - 2017年08月17日


@omozatu

金属アレルギーの方でも安心して使える純度が高い【チタンピアス】金属アレルギーの予防やファーストピアス後のセカンドピアスとして。独自の金属アレルギーテスト済み。 #チタンピアス https://t.co/8XmUBi74Hq https://t.co/ygkTrZI2K6

23時間前 - 2017年08月16日


@nunununico

@N_T_t_W 金属アレルギー発疹の予防のため時計の下につけてますよ…(((๑´ㅂ`) ʬʬʬ

1日前 - 2017年08月16日


注目サイト

柏でデリヘルを探す
http://kashiwa-mugen.com/

最終更新日:2016/4/27